恒見八幡神社

824年つねみ城主の、安芸入道平道兼が武運長久を願い、より勧したという伝説がある。 1821年藩主小笠原忠固により社殿が再建された。社殿は、両端に高さ4段に積み上げられた石の上に、石灯篭があります。高さが2メートル近くになります。社殿の柱は、茶色、屋根はグレー色です。賽銭箱も写っています。社殿の左端に赤い鳥居の一部が写っています。場所:恒見(つねみ)  つねみ営業所バス停下車。

神社・寺・観音寺へ戻る