大専寺

平家滅亡後、 柳村の鏡ヶ池付近に、見知らぬものが草庵を建てて去った。 地元民はこれを風呂寺と呼んだ。 栄西禅師が、弘法大師の旧跡である満隆寺を訪ね、 風呂寺に立ち寄った際、 京都郡(みやこぐん)神田の檀林院にいた沙門が栄西に謁し、 法名を西光と号し草庵に住み 「風呂禅院大専寺」と称した。本道の前には、僧侶の黒っぽい銅像があります。みのをきた銅像で帽子をかぶっている姿です。場所:だいり本町 大里(だいり)東口バス停下車。 西生寺真正面。

神社・寺・観音寺へ戻る