鎮西別院

浄土真宗のお寺。 明治40年に第22世門主鏡如上人が、布教体勢の組織化に着手し、第五教団として編成しています。 布教の中心拠点として、別院が建設されたが、火災などにより、紛失現在敷地内に「鎮西敬愛学園」があり本堂横には「門司駅殉職者」の碑がある。 学校ですから、入れません。許可をもらえれば入れるかもしれません。学校の正面の写真を掲載しています。本堂は、裏門が空いていますので、ちょっと入っての撮影は出来ます。 場所:別院 別院通りバス停下車。

神社・寺・観音寺案内へ戻る