和布刈(めかり)神社

旧暦元旦に3人神官が、 厳寒の海に入って瀬戸の岩戸についた、ワカメを刈り取り神前に供えるという神事で有名。 福岡県の無形民俗文化財に指定されている。電話093-321-0749 豊漁を祈る新年の行事で、 対岸の下関市の住吉神社や島根県大社町日御埼神社でも行われている。 現在は一般公開されていますが、 昔は秘儀とされていました。 場所:旧もじ2 (めかり)和布刈神社前バス停下車。リンクは2箇所。上が、神社。下が、建築物・名所。関連が1つあります。 緑の薄い色の銅版の屋根です。社殿事態は、小さいです。関門海峡まで、2,3メートルしかありません。全体を撮影するには、かなりの広角レンズを使わないと、入りません。周りは、茶色のいたです。めかり神社は、関門海峡に沿って、長細い神社です。社殿は、茶色い板で両端に灯篭があります。屋根は、銅版です。 

関連 1 めかり神事

神社・寺・観音寺案内へ戻る

建築物・名所案内へ戻る