元巡視船基地

1958年第七管区海上保安本部、和布刈巡視船基地として設置された。巡視船他、8隻の巡視艇・特殊警備救難艇などが配備されている。第七管区海上保安本部は、もじこうわん合同庁舎内にあり、担当する海域は福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、山口県西部の沿岸と、それに接続する日本海西部及び東シナ海。 場所:旧門司 門司海員会館前バス停下車。 ノーフォーク広場の海岸より。 掲載している写真は、小型のパトロール艇のようです。船体はグレーで上が白色です。 2008年3月で閉鎖されました。

建築物・名所案内へ戻る