門司駅

九州鉄道の大里駅として明治36年に開業した。 当初は現在の梅ノ木町付近にあったが、関門鉄道トンネルの完成に伴い、 駅舎を現在地へ移し、もじ駅と改称された。 現在の駅舎は、平成16年(2004)4月に大里本町土地区画整理事業の一環として、52年ぶりに改築されたものです。 

建築物・名所案内へ戻る