明治天皇記念の松の碑

明治35年、明治天皇が熊本での陸軍大演習統監のため、柳ヶ浦に上陸した記念として、天皇が馬車に乗った辺りに松を植え「明治天皇記念之松」の石碑を建てた。 のちに松は枯れ、石碑も元の場所から離れた突堤に移され現在に至っている。 この時に天皇が使った、だいり停車場の御休憩所は、後に御所神社の社殿として移築されたらしい。堤防の端にひっそりと建っている「ひ」です。お墓のような作りです。3段積み上げて、その上に50センチくらいの石に書かれています。場所:だいり本町 大里(だいり)バス停下車。 ところが今ここにはありません。大里本町整備のためにこの碑のある防波堤の先まで埋め立てられています。現在は門司港よりのラメールのところに建てられています。

旧跡・ひ巡り2へ戻る