「平家一杯の水」跡

元めかり会館とめかり毎日荘の間に、かつて清水の湧く場所があり、 その湧水を「平家一杯の水」と称していた。 壇ノ浦合戦で傷つき、和布刈の浜へ泳ぎ着いた、平家側の武将が、 ここの水を両手で受けて飲むと二杯目が塩水に変わっていたという伝説からきている。場所:めかり めかり公園前バス停下車。 めかり観汐遊歩道沿い。白いいたで、覆っています。何の標識も出ていませんでしたが、平成17年(2005)からノーフォーク広場 に標識が出ています。 ここは、伝説地です。伝説は、他にもあります。


旧跡・ひ巡り1へ戻る