白野江(しらのえ)植物公園

広大な敷地には、 四季折々の花が咲きみだれる。標高111メートルの小高い丘にある。入園料大人200円、小中学生100円。 90台分の駐車場がある。 2時間200円だったかな。門司港駅から、バスで20分くらいかな! 西鉄バス 41番白野江行きで、 白野江2丁目下車。 入り口広場には、 樹齢約400年の県指定天然記念物 「 白野江のサトザクラ」や、 緑黄色の花を咲かせる 「ギヨイコウ」がある。 この広場だけが煙草が吸える唯一の場所なので注意! 天気の良い日には、大分県の姫島や、くにさき半島などが望めます。桜の有名な所です。桜の季節には約60種850本の桜の花が咲き誇ります。 中には「ジュガツサクラ」と呼ばれる、10〜11月と3〜4月の2回咲く珍しい種類もあります。最近は、敬老の日は無料にしていますが、駐車場は有料です。 掲載写真は、竹林を湿地帯から撮影したものです。

公園巡りへ戻る