風師地区モデルコース

門司港駅〜山口銀行〜旧九州鉄道本社〜門司区役所〜門司倶楽部〜清滝公園〜清滝貴布称神社〜門司港駅
門司港駅をでて右に行くと、 北九州銀行が交差点の角にある、昭和2年建築の建物です。(徒歩5分)そのまま、右に曲がって、行くと、右手に九州鉄道記念館が見えてくる。九州鉄道記念館は、門司港で、一番古い建物でした。 旧九州鉄道本社と、呼ばれていた当時までです。なぜなら、バスどおり添いの、壁以外は、壊しています。もちろん、屋根も変えています。  途中まで行くと、交差点に出ます。交差点を、渡ると、左に、税務署があります。そのまま。国道3号線を小倉側に歩いて、行く(徒歩5分)左手に、門司区役所が見えてきます。 昭和5年建築の、建物で、ステンドグラスなどは、当時のままです。門司区役所から、真正面に、海峡ドラマシップが見えます。 区役所手前の通りを、山手に行くと、税務署からの道に出ます。真中に、川があります。 少しのぼると、左手に、門司倶楽部が見えてきます。いまは、中華レストランですが、元は、筑豊石炭鉱業組合、門司石炭商同業組合、西部銀行集会所、九州鉄道会社の4団体により社交場として明治36年に建築された建物です。そのまま、さらに、上って行くと、清滝公園と書かれた支柱が、 見えてきます。この、きよたき公園は、北九州市の公立公園の、第1号です。 この右手に、 小さな神社があります。 きよたききふや神社と呼ばれる、 4つの神社からなるものです。このまま、ずっとかざしさんを、登って行くと、 他の3つの神社もあります。この道は、車でも登れますが、 道幅が狭く、 かなり急な坂です。ここまでで、戻る場合は、1時間もあれば十分です。  

モデルコースへ戻る


詳しい地図で見る