ブルーウイングもじ

日本唯一の歩行者用跳ね橋で、 全長108メートル、 平成5年に完成。開橋時間は、10時・11時・ 14時・15時。 船が通る時は、 親橋約24メートルと子橋約14メートルの橋が、水面と約60度の角度に跳ね上がる。開橋時間は毎回約20分。 最近は、自転車で渡る人が、います。自転車は、押してください。と看板が出ています。歩行者専用では、なくなっています。 名前のとおり、青い跳ね橋です。 この橋は、スロープが付いていますので、車椅子でも大丈夫のようです。

門司港レトロ巡りへ戻る