大連友好記念館

1902年(明治35年)帝政ロシアが中国・大連に建設した東清鉄道オフィスを、北九州市と大連市の友好都市15年を記念として複製建築したもの。 国際友好記念図書館として建てられたものですが、現在は、図書館を廃止、改築をしています。外観は同じです。1階は中華レストラン、(2階は、中国・東アジアの文献を貯蔵した図書館。 3階は資料展示室になっていた。) この建物は、まさしく平成の建物です。大連にあるのと、同じものを建築したようです。西洋風の建物です。屋根が、グレーです。

門司港レトロ巡りへ戻る


大連友好記念館