巨人坂(おおひとざか)

「昔巨人がいたそうです。 彼は片足を彦島にのせ、 もう一方の片足をこの坂に乗せて関門海峡の水で顔を洗っていたそうです」。 この伝説に由来する坂です。  場所は:バス停二タ松町、 風師(かざし)中学と小森江東小学校の間の坂のことです。 伝説地 ここが、 伝説地というのは、かなり前から知っていました。今は、歩道も出来ていますが、以前は何もなかったです。ここの坂だけは、さすがに自転車では登れませんでした。 掲載写真は坂の下から撮影している。 

伝説地案内へ戻る