大里電照(だいりでんしょう)山笠

大里電照山笠自体は、あまり古くはないようですが、大里太鼓自体は、1000年の歴史があるそうです。昭和に入ってしばらくは、 途切れていたのを復活させたようです。 山笠に、だいり太鼓を乗せたのは、昭和61年からです。 見れるのは、 門司みなと祭りの時とわっしょい百万夏祭りの時と戸の上神社の秋と春祭りのとき。どういうものかといえば、ちょうちんの中に電灯を入れているだけです。 以前は、ちょうちんの中には、ろうそくを入れて、火をつけていました。山笠は2つで、大里南校区と大里柳校区で1つ、萩が丘校区と大里東校区で1つです。 平成16年度から萩が丘校区からは出ていません。場所:大里地区

伝統芸能・祭へ戻る